ジクシス採用情報

トップメッセージ

  

新たなる挑戦を、新たなる力とのシナジーで。

ジクシスは、海外・国内から調達したLPガスで社会や人々の暮らしを支えるという使命を担う会社です。 現在、世界は大きく変わり始めています。しかし状況がどう変わろうと、当社の使命が変わることはありません。
今後はこの使命のもと「グローバル」なLPガスの供給や普及とお客様への供給時に付加価値を提供する「ラストワンマイル」 の2つの視点からビジネスをさらに飛躍させたいと考えています。例えば、海外ではLPガス調達先の拡大に取り組む一方で、 発展途上国で急速に高まるLPガス需要への対応に取り組んでいます。また国内では特約店様とも連携した「B to B to C」の バリューチェーンの中で付加価値創造を重視した事業に挑戦しています。
ジクシスは、若い人にもどんどん仕事を与える会社です。その経験を通じて、当社で大きく成長してください。 そして当社の新たな未来を一緒に創造していきましょう。

会社の事業展開と将来性

国内トップのLPガス元売りになるために、これまで「輸入調達力の強化と海外トレード事業拡大」、「国内供給体制の最適化」、「お客様との安定的な取引関係の構築」という3大方針を打ち出し、取り組んできました。

まずは「輸入調達力の強化」と「海外トレード事業拡大」です。
統合によるスケール拡大のメリットを活かし、調達ソースの多様化を推進しています。
調達ソースの多様化は、安定供給の為に地政学的な調達リスクを低減し、かつ調達コストを低廉化していく上でも重要な取り組みです。2016年は、中東・北米・アフリカ・北欧など世界4地域、7か国から、LPガスを輸入調達しました。又、海外初支店となるロンドン支店を設立し、フローレスオペレーション体制を確立しました。
そして、自社船団を拡充することで輸送能力を強化、安定供給の向上および競争力のある調達を実現できる輸入体制を構築しました。

2017年には「PYXIS ALFA(ピクシスアルファ)」を含めた2隻を竣工、2018年11月には大型冷凍LPG船「Genesis River(ジェネシス リバー)」の長期傭船を開始し、さらなる輸送体制の強化を図りました。

次に「国内供給体制の最適化」です。統合により拡充した基地ネットワークをフルに活用することで、バーター契約の集約・最適化を図るとともに、内航船を定期傭船するなど基地間転送の効率化にも取り組み、物流コストを大幅に削減することができました。

最後に「お客様と安定的な取引関係の構築」です。
これまでご紹介した「輸入調達力の強化」と「国内供給体制の最適化」の実現により、競争力のある取引を実現していますが、これらを継続、さらに深掘りし、その上で今後もお客様との関係強化に努め、信頼される企業であり続けたいと考えています。

マイナビからエントリー

マイナビ2022
全メニュー