ジクシス採用情報

服部雄一

WORKS OF GYXIS 先輩社員の声

服部雄一の画像 服部雄一の画像

LPガス専用タンカーを、安全かつ効率的に日本まで導く。

服部 雄一海外本部輸入・トレード部 オペレーションチーム[2019年入社 国際教養学部卒]

WORKS 仕事内容

LPガスを海外から計画通り運ぶ「指示」を行う。

LPガスは中東やアメリカなどの産出地から、専用タンカーで一次基地まで運びます。その際、指示や管理、手配などをするのが私の所属するオペレーションチームの仕事。産出地や船の関係者と頻繁に連絡を取りながら、計画通りに船を運行できるようにします。最近はロンドン支店とやり取りをする機会が多いため、時差を考慮して10時30分から19時まで勤務しています。

日程管理、機材確認、通行予約、燃料買い付け…。

LPガスのタンカーは、数週間かけて数カ国を渡ります。私たちオペレーションチームは、その間の運航スケジュールを管理したり、必要な機材が積まれているか確認したり、運河を通行する際の予約を取ったり、燃料買い付けの手配をしたり、とさまざまなことを行います。的確な指示ができないと運航予定に遅れが生じ、大きな損失が生じることもあるので、高い正確性が求められます。

さまざまな国の人たちとの協力が不可欠。

この仕事の特徴は、さまざまな国の人と関わること。例えば今担当している船の場合、船主はシンガポール人で、船長はインド人。そして産出地や運河、寄港地などの担当者も国籍は多彩。LPガスを安全かつ効率的に運ぶという一つの目的のために、人種や国境を越え、緊密に連絡を取り合います。コミュニケーションは英語でのメールや電話が中心。コロナ禍以前は海外出張の機会もありました。

元売りビジネスのグローバル化のために。

輸入・トレード部は「安定供給のために商品を確実に調達し、日本まで運搬する」という大切な役割を担っています。近年は産出地の多様化により、中東以外の国と取引する機会が増えました。またLPガスはアジア各国で需要が高まっており、当社も海外での販売量が増加傾向に。ジクシスがグローバルビジネスを展開する上でも、私の部署の役割は今後さらに重要になるはずです。

菊池祐介スケジュールの画像

SCHEDULE1日のタイムスケジュール

  • 出社 メールの確認
  • 担当船の船主と準備状況の確認
  • 昼食
  • チームで打ち合わせ
  • 海外のLPガス積み地と情報交換
  • タンカーの船長にオペレーション内容を指示
  • 運河の通峡予約手続き
  • ロンドン支店との打ち合わせ
  • 用船(※)中の船について、ブローカー ※と連絡
  • 退社

※用船:船を借りること
※ブローカー:情報提供や契約の斡旋をする仲介会社

MESSAGE学生へのメッセージ

ジクシスは、世界と関わりながら仕事ができるグローバルな会社だと思います。世界に目を向けて働きたいと考える方には最適な職場ではないでしょうか。私が所属しているオペレーションチームは、特にその一面が色濃く出ている部署の一つです。この記事を読んで私たちの仕事に少しでも興味を持ったら、ぜひジクシスを選択肢の一つに加えてください。

服部雄一メッセージの画像

※記事内容は2020年8月時点のものです。

マイナビからエントリー

マイナビ2022
全メニュー