ジクシス採用情報

What’s LPG

様々な分野で利用される LPガスは国内すべての地域で利用可能

LPガスは一般家庭での利用のほかにも、業務用、産業用、化学原料用、自動車用などに幅広く利用されています。業務用・家庭用とも都市ガス供給のカバー区域が全国5%に対し、LPガスは全国100%をカバーしています。

国内産業を支えるエネルギーとしてはLPガスが全体の需要のおよそ半分を占めています。家庭向けはもちろんのこと発電所での熱源としても利用されています。

LPガスはクリーンエネルギー

LPガスは石油などの化石エネルギーの中で相対的に二酸化炭素排出量が少なく、燃焼時の排出ガスも極めてクリーンなエネルギーとして、地球温暖化対策の即戦力として期待されています。LPガスの燃焼時の二酸化炭素排出原単位は、原油を1とした場合、指数換算で0.86となり、ガソリンや灯油など他の石油製品と比べて10%以上少なく、天然ガスを含めた化石燃料の中でもトップクラスの環境性能を持っています。

災害に強い

東北や関東などの東日本を中心に未曽有の被害をもたらした東日本大震災。地震発生後、厳しい状況が続く中、LPガスはいち早く復旧し、また避難所や仮設住宅への緊急用エネルギーとして大いにその役割を果たしました。

またLPガスは、タクシー等の自動車用燃料として広く使われています。先の東日本大震災では、ガソリンや軽油などの液体燃料が不足する中、相対的に供給が安定していたことにより、被災地での緊急対応に 大きな役割を果たしました。

LPガスの未来とエネルギー政策

LPガスの環境性能は国にも高く評価され、中長期的な利用促進に向けた様々な施策が動き始めています。 東日本大震災および東京電力福島第一原子力発電所事故を始めとした、エネルギーを巡る大きな環境変化を踏まえて同計画の見直しが進められ、平成26年4月11日に第四次の計画となるエネルギー基本計画が閣議決定されました。この第四次エネルギー基本計画において、LPガスは独立した一次エネルギーとして、明確な位置付けがなされています。

ジクシス株式会社の役割

日本のエネルギー企業として、LPガスのより合理的な調達と安全な管理を行い、安定したエネルギー供給を行っていきます。

マイナビからエントリー

マイナビ2019
全メニュー