ジクシス採用情報

社長メッセージ

4C ~成功への約束事~

当社は、コスモ石油、昭和シェル石油、住友商事、東燃ゼネラル石油という4社のLPガス事業部門の統合によって2015年4月に誕生した若い企業です。新しい企業ではありますが、株主各社の事業の歴史は古く、長年培われた事業基盤やお客様との信頼関係があります。それらを大切にしながら、さらなる発展を目指して、挑戦と革新であらたな価値を創造し、提供していくべく始動しています。その為、当社には4Cという、新しい企業文化を創造するための、成功への約束事があります(以下概要)。

Change
“ジクシス”を主語として、何がベストかを常に問い、変化をもたらす。
Customer
お客様を意識して、全体の最適化を追求する。
Creation
各社のリソースを掛け算し、新しい仕事のやり方を創り出す。
Communication
自ら情報を発信し、オープンかつ双方向に議論する。

バックグラウンドの異なる各社の人材・経営ノウハウを融合し、その上でさらに新たな価値を創造していく世界企業を目指しています。若い皆さんが“ジクシス2期生”として、当社の企業価値・文化創造に携わり、会社と共に成長して頂くことを強く望みます。

会社の事業展開と将来性

国内トップのLPガス元売りになるために、これまで「輸入調達力の強化と海外トレード事業拡大」、「国内供給体制の最適化」、「お客様との安定的な取引関係の構築」という3大方針を打ち出し、取り組んできました。

まずは「輸入調達力の強化」と「海外トレード事業拡大」です。
統合によるスケール拡大のメリットを活かし、調達ソースの多様化を推進しています。
調達ソースの多様化は、安定供給の為に地政学的な調達リスクを低減し、かつ調達コストを低廉化していく上でも重要な取り組みです。昨年は、中東・北米・アフリカ・北欧など世界4地域、7か国から、LPガスを輸入調達しました。又、海外初支店となるロンドン支店を設立し、フローレスオペレーション体制を確立しました。
そして、自社船団を拡充することで輸送能力を強化、安定供給の向上および競争力のある調達を実現できる輸入体制を構築しました。

本年は、昨年9月に進水式を終えた「PYXIS ALFA(ピクシスアルファ)」を含め2隻を竣工、2018年にはさらに1隻を追加、さらなる輸送体制強化を図る予定です。
更に、需要増が見込めるアジアをはじめとする海外トレード事業も拡大、調達ソース多様化と自社船団拡充との組み合わせにより、日本国内に競争力のあるLPガスを安定的かつ効率的に調達できる体制を固めました。

次に「国内供給体制の最適化」です。
まずは、基地の安全操業です。昨年は、徹底した安全管理のもと事故ゼロを実現、安定供給することができました。
また、統合により拡充した基地ネットワークをフルに活用することで、バーター契約の集約・最適化を図るとともに、内航船を定期傭船するなど基地間転送の効率化にも取り組み、物流コストを大幅に削減することができました。

最後に「お客様と安定的な取引関係の構築」です。
これまでご紹介した「輸入調達力の強化」と「国内供給体制の最適化」の実現により、競争力のある取引を実現していますが、これらを継続、さらに深掘りし、その上で今後もお客様との関係強化に努め、信頼される企業であり続けたいと考えています。

マイナビからエントリー

マイナビ2019
全メニュー