ガス販売

海外ネットワーク

中東産ガス国や米国のLPガス輸出会社と長期購入契約を締結し、大型冷凍船(VLGC)により日本への輸送を行っております。多様な国・地域からの調達により地政学リスクの低減を図りながら、国内7ヵ所の輸入基地(一次基地)へ年間280万トンのLPガスを運び入れ、安定供給に努めております。

国内物流

安定した消費者への燃料供給のため、国内物流は7ヵ所の1次基地(鹿島/川崎/千葉/碧南/四日市/堺/大分)、4ヵ所の2次基地(清水/坂出/松山/広島)、11ヵ所の製油所からの生産基地からなる自社拠点、および契約を締結した他社基地を拠点として、北海道から沖縄まで、タンクローリー、内航船、パイプライン等による供給網を整えています。

エネルギーサービス

LPガスの用途は、家庭業務用55%と工業用45%に二分されます。家庭業務用は、一般家庭から飲食店、旅館、病院、学校等の大規模な業務施設における厨房、給湯、空調用等に使用されています。
一方、工業用は金属や非鉄金属の加工時等の加熱用、様々な部材、食品等の加工用、栽培施設における農業用としての炭酸ガス供給や加温用、LPガス自動車の燃料等に使用されています。
また、その他にエチレン、プロピレン等の石油化学製品、都市ガス等の原料、発電用の熱源等にも利用されています。